JP 日本職業潜水教師協会ダイビング指導において、日本国内で絶大な信頼を得ているダイビング指導団体:JP
JPへの連絡先


JPについて

JPのコンセプト

JPのプログラム

JP公認スクール

JPプロコース

Cカード再発行

年間スケジュール

リンク

HOME

ダイビングをはじめよう!

リフレッシュコース

ダイビングってなあに?

JPへお問い合わせはこちらから

 

トピックス&ニュース

> 海上保安庁(救難課)より 平成23年 ダイビング事故発生状況

平成23年 ダイビング事故の状況(PDF) 海上保安庁マリンレジャー/ホームページより
 

海上保安庁 救難課より、ダイビング事故発生状況について平成23年度の事故数の推移や、
事故原因、事故者の年齢、経験本数等のデータをまとめた資料が公表されましたので
お知らせ致します。

≪平成19年〜23年≫
事故者数 233名
死者・行方不明者 83名

◆平成23年度
事故者数 38名
死者・行方不明者 9名

◆事故原因 ≪割合の高いものとして≫
病気・原因不明の意識消失 37%
※ダイビング中、心筋梗塞発症など

知識・技量不足 35%
海水の誤飲・マスクに水が入りパニック・BC操作ミスなど

実施中の活動に対する不注意 22%
タンクバルブの未開放によるパニック・ガイドを見失うなど

≪今回の発表より≫
・知識・技能不足
・平均年齢が高くなっている
・10年以上のベテランダイバーの事故者が多発
また中高年ダイバーの増加で病気に起因する事故も増えています。

◆インストラクターのみなさま◆
常日頃から、メディカルチェックによる健康管理・無理をさせないダイビング・潜水計画・緊急時の
措置や対策など、細心の注意を払うよう心掛けて頂き日々の業務を遂行して頂ければと思います。

◆ゲストのみなさま◆
ダイビング当日・または日ごろからの体調管理・日常生活におけるスポーツ・適度な運動の実施など
ダイビングに備えて頂き、自己の技術に過信することなく、海・自然には謙虚な姿勢で臨んで頂けれ
ばと思います。

◆久しぶりのダイビング、ブランクのあるゲストのみなさま◆
久しぶりのダイビング、不安を抱えてのダイビングは非常に危険です。 
JPインストラクターにダイビングの不安をぶつけてみてください!
全てのダイビングの不安を解消します!
JPプロインストラクターから、基礎知識・基礎実技を復習してからエントリーしてください。

ダイビングの不安を解消します!


安全なダイビング指導団体 JP


(C)2005 JP International,Inc.All rights reserved.